ラピードクラブ・40TCAエヴォリューション 2002年式

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

コンパクトで全高の低い(1900mm)のトラベルトレーラー
が入庫しています。

キャンピングトレーラーを牽引している時に、一番気になるのが、
「牽引しているトレーラーがどのような動きをしているのか?」
ということ。

それはトレーラー大きさが、大きくなればなる程、把握しにくく
なるため、牽引するのであれば、なるべくコンパクトなタイプが
よいと考えられます。

しかし、コンパクトなトレーラーであれば、居住部分の「ゆとり」
という部分が損なわれるため、この相反する点をどの部分で妥協、
もしくは納得するかというところです。

これは、キャンピングトレーラーに限らず、自走式の車両にも言
えることで、保管場所や普段の取り回しなど、大きいがゆえの悩
みがあります。

ラピードクラブ・40TCAエヴォリューション 2002年式

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

その点では、このラピードクラブ・40TCAエヴォリューショ
ンは、ポップアップルーフ(エレベータールーフ)を装備してい
るため、牽引時は全高を抑えつつ、キャンプ場などに到着したら、
ルーフ部分を展開して室内高を確保することができるようになっ
ています。

エレベータールーフを装備しているトラベルトレーラーは、キャ
ンピングカーの中古市場でもほとんど見掛けることはなく、ある
意味貴重な存在かもしれません。

内装は、前後に大小のダイネットスペースを持ち、その間にギャ
レーやトイレルーム(カセットトイレ)を配した内装。

就寝定員は3名となっていますが、大人二人と小さなお子さんで
あれば、大人二名、子供二名でもなんとか使える大きさ。

中古のキャンピングトレーラーながら、なんとカセットトイレは
未使用らしく、折角の超便利な装備品を前オーナーは使用してい
いなかったようです。

確かに車の中で用を足すことに抵抗を感じる人も意外と多いらし
く、後は片付けのことを考えると使う気にならないという方もい
るとか・・・。

しかし、キャンピングカー乗りの先輩諸氏が話す通り、一度使っ
てしまえば、トイレのないキャンピングカーなど考えられないと
皆が口を揃えて言っていることから、使わないとはもったいない
と思ってしまいます。

適切な例えかどうかは分かりませんが、トイレネタということで、
近年機械遺産にも登録された、ウォシュレット、この装置の快適
さを知っている人ならば、ウォシュレットのないトイレなどあり
得ないと思っているのと同じかもしれません。

大型のアメ車キャンピングカーに乗る方などは、自分でキャンピ
ングカーのトイレにウォシュレットを取り付けてしまう方までい
る程です。

ラピードクラブ・40TCAエヴォリューション 2002年式

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

話がちょっと逸れてしまいましたが、カセットトイレ未使用の稀
少トラベルトレーラーのトイレを、次のオーナーはどんどん使っ
て欲しいものです。

さて、このラピードクラブ・40TCAエヴォリューションのお
値段は、2002年式と2012年時点で10年落ち、牽引車両
のため走行距離は不明ですが、カセットトイレが未使用のところ
見れば、それ程距離は走っていないと推測できるところですが。
135万円と格安。

新車価格でも250万円前後とトラベルトレーラーは安いですが、
中古となればさらに価格は下がり、100万円台でキレイな車両
を手に入れることができます。

FRPの外装も、20年を平気で過ぎたキャブコンなどが100
万円前後で販売されていることを考えると、状態の確認こそ必要
ですが、多少の色褪せ程度であれば、問題なくあと10年は使え
と思います。

このFRPの耐久性があるおかげで、かなり年式の古いキャンピ
ングカーでもしっかりと値段が付くのが良いところ。

自走部分を持たない車両だけに、お買い得感は一際だと思います。
(2012.11.29更新)


▲ページトップに戻る