キャンピングカーのポータブルトイレの使い勝手と問題点

キャンピングカー 装備品 キャンピングカー 装備品

キャンピングカーに装備されていると便利な装備品のひとつに、
カセットトイレがあります。

ただ、カセットトイレを装備できる程のスペースが無い場合に使
えるのが、ポータブルトイレ。

その名の通りカセットトイレより小型のトイレで、最大の特徴は、
便座と給水タンク、汚物タンクが一体型になっており、持ち運び
できる点。

カセットトイレより小型のため、給水タンクや汚物タンクの容量
が小さく、使える回数はカセットトイレより少ないですが、緊急
用と思えば十分に使う事が出来ます。

キャンピングカーのポータブルトイレの使い勝手と問題点

キャンピングカー 装備品 キャンピングカー 装備品

使い方はカセットトイレと基本的には同じで、給水タンクに洗浄
水を入れ、汚物タンクに専用のケミカル(消臭・防腐剤)を入れて
おきます。

汚物を処理する際は、下にある汚物タンクを取り外し、家庭用の
トイレに流すだけです。

カセットトイレの汚物タンクより容量が小さいため、持ち運ぶ際
もそれほど重くはありません。

カセットトイレと違い、ポータブルトイレは介護用や災害時の備
えとして一般的です。

キャンピングカーのポータブルトイレの使い勝手と問題点

キャンピングカー 装備品 キャンピングカー 装備品

キャンピングカー内でポータブルトイレを使用する際には、左側
写真のようなしっかりとし た個室が必要です。

時々バンコンで見掛けるのが、仕切りの無いスペースにポータブ
ルトイレを収納する場所だけ設けて、「イザという時にはトイレ
が使用できます」などと謳っていることがあります。

一人ならまだしも、家族と一緒の時に、仕切りの無い空間で用が
足せるのでしょうか?私ならできません。

まさか雨の時でも、家族に車外に出てもらって用を足すのを待っ
ていてもらうのでしょうか?

キャンピングカー内で用を足すなら、狭くてもキチンとした個室
は必須です。

少なくともそんなバンコンを購入した経験のある私は、声を大に
して言いたいところです。


▲ページトップに戻る