エアコンの無いキャンピングカーなどは考えられません

キャンピングカー 装備品 キャンピングカー 装備品

日本国内でキャンピングカーを快適に使うために、絶対に必要な
装備品が「エアコン」

現在の普通乗用車に、エアコンの付いていない車両が無いのと同
じでキャンピングカーにもエアコンは必須の装備品と言えます。

キャンピングカーの室内空間は広く、運転席部分のエアコンだけ
では到底日本の真夏の蒸し暑さには対応できないため、ルーフエ
アコンを始めとした各種エアコンの装備が常識です。

エアコンの無いキャンピングカーなどは考えられません

キャンピングカー 装備品 キャンピングカー 装備品

左側の写真のように分離型のポータブルエアコンもありますが、
コレはトラキャンや軽自動車キャンピングカーのように、室内に
エアコン装置を取り付けできない車両向けで、ハイエースのバン
コンやキャブコンであれば、専用品が欲しいところ。

室内空間が狭ければそれなりに冷えるようですが、大型の車両で
は、やはり役不足な感は否めません。

右側写真のような、サブバッテリーを使って駆動するエアコン
もあり、静かにキャンピングカー内を冷やすのであれば、究極
の装備品と言えます。

エアコンの無いキャンピングカーなどは考えられません

キャンピングカー 装備品 キャンピングカー 装備品

さらにスゴイのが、家庭用のエアコンをキャンピングカーに取り
付けてしまうという荒業。

日本のエアコン技術は世界一とも言われ、その細かい温度コント
ロールや省エネ性能などは、外国製のルーフエアコンとは別各。

セパレートエアコンや窓掛け用エアコンを発電機で作動させれば、
誰もが納得の快適さが手に入るため、近年急速に家庭用エアコン
を標準装備するキャンピングカーが増えているようです。

振動や熱などの問題がありそうですが、各社特に大きな問題が起
きている訳でもなく、このブームはしばらく続きそうです。

日本のお家芸である、快適な空調コントロール技術の粋を集めた
エアコンは、外国製のルーフエアコンに比べて価格も安く、運転
音も静かなため、使わない手はありません。


▲ページトップに戻る