バンテック ジル(正当進化の4代目フル装備キャブコン)

キャンピングカー 新型 写真

   初代ジルの発売から15年余りの時を経て、そのジルも早4代目
   となりました。

   初期モデルのジルも発売当時は話題を集め、その外観デザインや
   室内家具のデザインなどが高く評価されたもの。

   そんなロングセラーのジルが、正当進化したものが、この4代目
   新型ジルとなります。

   緑系のアクセントを廃し、グレーのアクセントカラーとなったこ
   とは、先代以前のジルに乗る方には少し残念ですが、これも進化
   の証と言えるかもしれません。

  

バンテック ジル(正当進化の4代目フル装備キャブコン)

キャンピングカー 新型 写真
キャンピングカー 新型 写真

   内装は3代目とそれ程変わりなく、初代ジルから受け継がれてい
   る、室内の開放感とスライド式バンクベッドなども健在。

キャンピングカー 新型 写真

   助手席の後ろに前向きの座席を配するレイアウトは、ドライバー
   と後部座席の人が会話しやすいようにという、先代からの配慮も
   きちんと息づいています。

キャンピングカー 新型 写真

   万一の事故の際にも、破損して乗員が車外に飛び出さないように
   採用されているアクリル二重窓や、標準装備のトイレやシャワー
   設備、FFヒーターやサイドオーニングなど、おおよそ必要とさ
   れる装備品は全て最初から付いています。

  

バンテック ジル(正当進化の4代目フル装備キャブコン)

キャンピングカー 新型 写真

   価格は630万円からと、初代のジルから比べて100万円近く
   高くなっているものの、15年余りの進化の度合いと、このクオ
   リティと、標準装備されている装備品を考えると、他社のフル装
   備キャブコンと比べれば、これでも少し安いくらい。

キャンピングカー 新型 写真

   外部収納庫やゴミを入れる専用スペースなど、キャンピングカー
   を取り巻く環境が変化する中、その変化を敏感に捉えて商品化す
   る技術と姿勢には敬服するところ。

キャンピングカー 新型 写真

   フル装備のキャブコンを購入するのであれば、まずはこのジルを
   見てから他社のキャブコンを検討するのが良いかもしれません。

   完成度の高さと価格を考えると、フル装備のキャブコンの中では、
   なかりお買い得なキャンピングカーだと分かるハズです。

   この不況の中でも、順調に販売台数を伸ばしているのが何よりの
   証拠で、道の駅や高速道路のパーキングエリア、キャンプ場など
   でもよく見掛けるキャンピングカーです。

   さらに10年後はどんな風に進化しているのか、楽しみなキャン
   ピングカーでもあります。(2012.11.07更新)

  


▲ページトップに戻る