ハイマー ベストライン B655SL 2WD/AT 走行0.8万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

輸入キャンピングカーの中でも最高級の部類に入ると思われてい
る、ハイマーシリーズのベストライン B655SLという車両
が中古キャンピングカーとして入庫。

しかもベース車両はフィアットではなく、あのメルセデスベンツ。
新車のラインナップでこのサイズ、ベース車両にメルセデスベン
ツを使用しているものは現在製造されていないため、稀少価値も
ある一台となっています。

全長6,970mm、全幅2,350、全高2,950という堂
々としたサイズは、フルコンと呼ぶにふさわしい大きさ。フロン
ト部分にHYMER(ハイマー)というロゴがしっかりと入って
いて、運転席は左側ながら、エントランスドアが左右にあるとい
う日本国内でも扱いやすい扉のレイアウトとなっています。

このエントランスドアが左側にあるというのは意外に重要で、路
側帯などにキャンピングカーを停車した際にエントランスドアが
右側のみであれば、車道側から乗り降りしなければならず、これ
はとっても危険。その点、左右にエントランスがあるこの車両で
あれば、そのような心配は不要。

ハイマー ベストライン B655SL 2WD/AT 走行0.8万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

主な装備品は、バックアイカメラ(カラー)、ベンチレーター、
アクリル2重窓、FFヒーター(トルマ)、ルーフエアコン(ド
メティック)、走行充電システム、サブバッテリー(シングル)、
外部AC入力、外部充電器、発電機(ドメティック TEC29)
冷蔵庫(3WAY 110L+40L)、コンロ(3口)、給水
タンク、排水タンク、温水ボイラー(トルマ)、シャワー設備、
トイレ(カセット)、LPボンベ(8kg×2本)など、当たり
前のようにフル装備の内容。

これだけ大きなキャンピングカーのため、シャワールームとトイ
レが別々になっているのは当然で、国産5×2サイズのキャブコ
ンのように、トイレ兼シャワールームで、シャワーを浴びた後に
濡れている便器のフタを拭いたりしなければならないといったこ
とはありません。

これだけ高級感のあるキャンピングカーの中で、そのようなこと
はやってられないという感情もあるとは思いますが・・・。

家具の造りやデザイン、配色などもさすがに世界のキャンピング
カービルダーの中でも最先端を行くメーカーだけあり、国産キャ
ンピングカーも真似をしようと努力はしているのですが、やはり
『モダンな造り』という点では、ハイマー社に1歩も2歩も遅れ
をとっているという感じは否めません。

内装の感じは、RVランドのランドホームが近い線をいっている
と思うのですが、他の国産キャブコンビルダーやバンコンビルダ
ーなどは、まだまだ追いついていないところも多数あります。う
まく表現できないのですが、全体的なデザイン感というか空気感
というものに絶対的な違いがあり、見た瞬間に「オッ、オシャレ」
と思うかどうかの違いというものでしょうか、何かが違う感じが
しています。

白を基調とした座席やテーブル、家具に木目のアクセントが入っ
ているだけなのに何かが違う、このあたりの謎が解明できれば、
国産キャンピングカーの内装デザインもかなり良くなると思うの
ですが、いかがでしょうか。

ハイマー ベストライン B655SL 2WD/AT 走行0.8万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

バンクベッドを持たない車両デザインのため、後部ベッドとダイ
ネット部分をベッドにしなければならないと思われそうですが、
運転席と助手席の天井部分が下がってくる構造により、その部分
が大きなバンクベッドになります。

このバンクベッドにより、後部ベッドルームと合わせて就寝定員
4名を確保。ちなみに乗車定員は6名で、これだけの車両サイズ
のキャンピングカーを最大人数6名で使用するのですから、ゆっ
たりと過ごせるに違いありません。

3,000cc/190馬力のディーゼルターボエンジンを搭載
し、そのエンジンがこれだけの大型キャンピングカーを動かす原
動力となっています。もちろんATで運転も楽々。

初年度登録は平成25年(2013年)ということで、2014
年時点で1年落ちの高年式車。走行距離は8,000km弱と、
こちらもある意味新車並。

ハイマーでこれだけの高年式、しかもベース車両がメルセデスベ
ンツということもあり、お値段1,770(税込)と、中古キャ
ンピングカーといえども、誰もがおいそれと買える値段ではあり
ません。

ハイマーというキャンピングカーの価値が分かる、ベテランでお
金持ちの方専用ということになってしまいますが、キャンピング
カー乗りなら一度は所有してみたいと思う車両なのではないでし
ょうか。やっぱり中古キャンピングカーになっても一般庶民の手
の届くところまではなかなか来ることがないキャンピングカーだ
ということが分かる一台です。
(2014.10.11更新)


▲ページトップに戻る