ホームアンドパーク ロードトレック190バーサタイル 2008年式

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

現行型のロードトレックが中古キャンピングカー市場に出ていま
すが、やはりこの型のロードトレックはカッコいいですね。

運転席部分もアメ車らしい佇まいで、運手席周りのスペースにも
余裕があります。

この辺りはバンコンながら、2m超の全幅を持つ輸入車らしいと
思うところです。

ホームアンドパーク ロードトレック190バーサタイル 2008年式

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

装も全長6mを超える車両だけに、運転席部分から後部を見ると、
最後尾部分がやたらと遠く見えます。

排気量は6000ccと、維持するにはそれなりの費用が掛かり
ますが、フル装備のバンコンで、これだけの室内空間を求めると
なれば、国産であればハイエースのスーパーロングスーパーハイ
ルーフでも無理なもの。

何よりこの押し出しの強いフロントマスクと圧倒的な存在感は、
キャンピングカーというより、輸入ラグジュアリーワゴンといっ
た感じです。

ホームアンドパーク ロードトレック190バーサタイル 2008年式

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

2008年式と、2012年時点で4年落ち、アルミホイールも
履いている、ちょい悪スタイルのバンコン、走行距離は1.6万
キロとほとんど走行していない新車同様のこの、ロードトレック
190バーサタイルのお値段は、539万円。

やはり新車同様で、程度が良い高級輸入バンコンのお値段だけあ
り、結構高額な感じがしますが、新車乗り出し価格が700万円
を超える車両と考えれば、それ程高額でもない気がします。

何より、日本車では絶対に実現不可能なスタイルとサイズは、や
はり輸入車ならではの魅力。

この車両では大丈夫かも知れませんが、このクラスのバンコンは、
タイヤの減りに注意が必要です。

ハイパワーエンジンを積んでいる車両のため、特に駆動輪である
後輪のタイヤが減っている場合があり、交換にはかなりの費用が
掛かるため、タイヤのチェックは欠かせません。
(2012.11.25更新)


▲ページトップに戻る