バンテック ジル 2004年式 2WD/AT 走行5.4万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

キャンピングカー業界の中でも老舗中の老舗であるバンテックが
製造する、『ジル』というキャンピングカーの中古車が入庫して
います。

おそらく日本で一番販売台数が多いキャブコンではないかと思わ
れるキャンピングカーで、街中や高速道路のサービスエリア、道
の駅などで見掛けることも多いキャンピングカー。

当然中古キャンピングカーとして市場に出ている数も多く、ちょ
っとした規模の中古キャンピングカーショップであれば、新型・
旧型を問わず1台くらいは在庫として保有している程。

それでも中古キャンピングカーというのは特殊なジャンルのため、
一般の中古車のようによりどりみどりという訳ではありませんが、
他の中古キャンピングカーに比べれば選択の範囲が広がっている
ことには違いありません。

今回出ている車両は、カムロードが13年程前にフルモデルチェ
ンジした後のベース車両を使用したジルになります。これ以前の
モデルは、トヨタのダイナトラックベースで、もう少し角ばった
形をしていました。

ただ、このモデルもその後シェル形状がこのタイプよりスリムに
なった新型ジルにモデルチェンジし、今に至っています。

バンテック ジル 2004年式 2WD/AT 走行5.4万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

バンテックのジルの特徴は、最初からフル装備という点。とりあ
えずキャンピングカー初心者の方が必要と思われる装備品を全て
盛り込んでいます。

主な装備品は、バックアイカメラ、サイドオーニング(3m)、
ベンチレーター、アクリル2重窓、リアクーラー、リアヒーター
FFヒーター、走行充電システム、サブバッテリー、外部AC入
力、外部充電器、冷蔵庫(3WAY/55L)、電子レンジ、
給水タンク、排水タンク、温水ボイラー(LP)、シャワー設備
トイレ(カセット)、LPボンベ(5kg)、エントランスステ
ップ、リアラダー、ルーフラック、となっています。

カセットトイレやシャワー設備などは、最近の簡易仕様のキャブ
コンには装備されることが少ない装備品で、それらも全て網羅す
ることにより、まずはキャンピングカーの入門者にキャンピング
カーというものがどういうものかということをいわば、『お勉強』
してもらうような内容。

フル装備のキャンピングカーはキャンピングカー初心者にとって
は非常に魅力的に映るもので、本当は必要のない装備品まで含ま
れていることが多いもの。ただ、それは実際にキャンピングカー
を使ってみて初めて分かることも多いため、まずはフル装備の中
古キャンピングカーを購入して『お勉強』するのもいいかもしれ
ません。

全長4,980mm×全幅2,110mm×全高2,900mm
という車両サイズは、いわゆる5×2サイズのキャブコンそのも
ののサイズで、こちらもキャブコン入門としては最適。

内装に使用されているファブリックのデザインなどは多少古さを
感じますが、家具類などの色調は当時からキャンピングカーデザ
インの最先端を行くヨーロッパのキャンピングカーを強く意識し
ているもので、モダンな感じとなっています。

バンテック ジル 2004年式 2WD/AT 走行5.4万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

2004年式と、2014年時点で10年落ち、2000ccの
ガソリンAT車。走行距離は5.4万kmと、中古キャンピング
カーとしては平均的な走行距離。

乗車定員10人、就寝人員6人の内訳としては、就寝を例にとる
と、バンクベッドに3人、ダイネットベッドに3人の合計6人で
の使用を想定しています。4人家族であれば、各所に2名づつの
就寝となるため、かなりキャンピングカー内で過ごすにも余裕が
あります。

この中古キャンピングカージルのお値段は、289万円(税込)
という価格。最近のバンテックのキャブコンは年々価格が上がっ
ており、フル装備タイプの新車は600万円以下では購入できな
い状況になっていることを考えれば、半額以下でバンテックのフ
ル装備キャブコンが購入できるとあれば、かなりお買い得感があ
ると思います。

カムロードもフルモデルチェンジをして随分と時間が経過してい
ますが、トラックは乗用車と違い頻繁にモデルチェンジを繰り返
すものでもないため、10年以上前のベース車両でも最近のベー
ス車両とほとんど変わりないというところも嬉しいところ。

キャンピングカー業界の中でも一番売れているキャンピングカー
というのは、何かしら売れる要素というものがあると思いますが、
このバンテックのジルというキャンピングカーは、フル装備にし
ては全体的な価格が安いというのが特徴と言えます。

キャンピングカーの量産車とでも言うのでしょうか、バンテック
のキャンピングカーは、大量に製造することによってコストを下
げ、販売価格を下げて販売するというスタイルのため、特注オー
ダーは苦手ですが、その部分をフル装備という点で補っているよ
うなキャンピングカーと言え、キャンピングカー入門者にとって
は、キャンピングカーの『お勉強』をするには最適なキャンピン
グカーではないでしょうか。
(2014.10.29更新)


▲ページトップに戻る