バンテック コルドバンクス 2006年式 2WD/AT 走行2.9万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

キャンピングカーの老舗であるバンテック社のコルドバンクスと
いう、トヨタのカムロードベースのキャブコンの中古キャンピン
グカーが出ています。

これより以前にあった『レオバンクス』というキャンピングカー
の派生車種で、後部に二段ベッドを持ち、当時は最初からフル装
備ではなく、必要最低限の装備品からキャンピングカーライフを
スタートすることができる車両として登場。

バンクベッド部分の造型が美しく、流れるようなボディーデザイ
ンにより、数字よりも大きく見えるキャンピングカーだという印
象があります。

車両サイズは、全長4,990mm×全幅1,980mm×全高
2,960mmと、いわゆる5×2サイズの王道を行く国産キャ
ブコンキャンピングカー。やはり日本国内ではこのサイズが限界
というか、一番使い易いようで、販売台数も5×2もしくはそれ
以下のサイズが圧倒的。

2014年時点では車両サイズの大きなキャブコンも多数ありま
すが、やはり大きくなればなる程装備品も増え、ベース車両も大
きくなることから価格も高くなる傾向に。そういったことからも、
5×2サイズ、もしくはそれ以下のサイズのキャブコンの人気は
不動のものがあります。

バンテック コルドバンクス 2006年式 2WD/AT 走行2.9万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

内装は、センターエントランスのキャンピングカーのため、エン
トランスを入ったところにダイネット、最後部に二段ベッドを配
し、その間にフリールームを挟むというレイアウトで、同じセン
ターエントランスのマイクロバスをベースとしたバスコンとほぼ
同じような形。

主な装備品として、バックアイカメラ、サイドオーニング
(3.5m)、ベンチレーター(ファンタスティック)、アクリ
ル2重窓、リアクーラー、FFヒーター(ベバスト)、走行充電
システム、サブバッテリー、外部AC入力、外部充電器、インバ
ーター(300W)、給水タンク(20L)、排水タンク
(70L)、その他の装備として(前オーナーが取り付け)ベン
チレーターカバー、リアスピーカーというような内容になってい
ます。

装備品の中では特に目を引くものはありませんが、FFヒーター
が標準装備というのはいいところ。あと、排水タンクが70Lと
いうのも、シャワー設備などを後で追加しようとした時にも有効。

フリールームも十分な大きさが確保されているため、このまま2
万円程のポータブルトイレを設置すれば、小さなお子さんがいる
ご家庭では重宝すると思います。

ポータブルトイレに難色を示す方もいるようですが、土砂降りの
雨の中、高速道路のサービスエリアで夜中に車中泊することにな
った場合、トイレの存在のありがたさが分かるというもの。と、
経験者は語ります。

バンテック コルドバンクス 2006年式 2WD/AT 走行2.9万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

2006年式と2014年時点で8年落ち。

走行距離は29,700kmと3万キロ以下のため、1年の間に
5,000キロ以下の走行距離という、低走行車。

2000ccのガソリンエンジンで、133馬力ということで、
133馬力あれば低速のトルクは細いと思われますが、ある程度
スピードにのってくれば問題なく走ると思われます。

価格は398万円(税込)ということで、最近の流行のミニバン
を買うのであれば、こっちの方がよっぽど楽しいと思うのは私だ
けではないはず。

乗車定員8名に対して就寝定員は6名というのがこのコルドバン
クスの特徴。ただ、バンクベッドの形状を見ても分かる通り、か
なり先端部分は狭くなっています。

この辺りはデザインが居住性に影響を与えている部分と言えます。
四人家族であれば、バンクベッドにお父さんが一人で寝て、二段
ベッドに子供が二人、ダイネットのベッドでお母さんと犬などの
ペットがいれば寝るというスタイルが、皆さん平和に就寝できる
かと・・・。

就寝スペースに余裕があるため、使わない荷物は二段ベッドの下
にあらかじめ入れておけば、ダイネット部分をベッドにするのも
苦にならないと思います。
(2014.10.14更新)


▲ページトップに戻る