セントラル自動車 エクスクルーザー 2006年式 4WD/AT 5万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

非常に珍しい車両が中古キャンピングカーとして入庫してきてい
ます。その名も、セントラル自動車 エクスクルーザーというキ
ャブコンタイプのキャンピングカーで、ベース車両はトヨタの逆
輸入車であるタンドラを使用。

キャンピングシェル部分の素材を、従来のFRPではなくABS
樹脂を使って整形し、軽量化とエコという視点から発売時には注
目されていたキャンピングカー。

ただ、加工がしやすいABS樹脂を使用しているということでし
たが、量産化によるコストダウンがうまく図れず、FRPボディ
ーの代わりになることもなく、後継車も開発されることもありま
せんでした。

そういう意味では、ボンネット付きのキャンピングカーとしては
稀少価値のある車両ではないかと思われます。ボンネット付きの
キャンピングカーを手に入れるには、今や絶版車でもあるいすゞ
のピックアップトラックがベースの『ロデオ』や、MYSミステ
ィックが販売するピックアップキャビン(トラキャン)をボンネ
ットを持つピックアップトラックに載せる方法しかありません。

一体型になっていて、運転席と後部居住区の間を手軽に行き来で
きるボンネット付きのキャンピングカーは、現在新車販売されて
はいないことから、やはりこのセントラル自動車 エクスクルー
ザーの存在は貴重なところ。

セントラル自動車 エクスクルーザー 2006年式 4WD/AT 5万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

室内家具も白いABS樹脂で作られていて、全体的に白っぽい車
内は中古キャンピングカーになっても清潔さを感じます。この雰
囲気は、昔のアネックスの白い内装のキャンピングカーを彷彿さ
せるものがあります。

後部座席もトヨタの純正シートが使われているようで、キャンピ
ングカーに多く採用されているFASPやREVOシートのよう
に座面がフラットではないため、長時間の移動も快適だと思われ
ます。座面がフラットなシートでは体をホールドできないため、
カーブなどで体が振られ、落ち着いて座っていられない時もある
だけに、この純正シートの採用は嬉しいもの。

ただ、そのシート形状から就寝する際のベッドとしての機能は望
めないため、最後部に二段ベッドを配し、乗車定員6名に対して、
就寝定員4名を確保しています。

バンクベッドも奥行きこそそれ程ありませんが、高さが確保され
ていることと、室内に向けて大きく開口されているため、狭い感
じはしません。

セントラル自動車 エクスクルーザー 2006年式 4WD/AT 5万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

主な装備品としては、アルミホイール、エアバッグ、ABS、バ
ックアイカメラ(2台・ナビ連動/常時遠方)、サイドオーニング、
ベンチレーター、アクリル2重窓、リアヒーター、FFヒーター
(ベバスト)、ルーフエアコン、走行充電システム、サブバッテリ
ー(ダブル)、外部AC入力外部充電器、冷蔵庫(DC/55L)、
コンロ(2口)、給水タンク、排水タンク、トイレ(カセット)LP
ボンベ(カセット2本組)、ソーラーパネル69W、リヤスピーカ
ー、電動エントランスステップ、リヤエアサスペンション等。

とりあえずキャンピングカーに必要な装備品は一通り揃っている
様子。全長が6m弱と、キャブコンにしては長いのですが、これ
はボンネットがあるためで、これを5×2サイズに納めようとす
れば、相当居住空間に制約を受けてしまいます。

イメージ的には、二段ベッドとトイレルームが無くなるといった
ところでしょうか。そうなれば、乗車定員4名の就寝定員2名と
いう二人旅用のキャンピングカーになってしまいます。ただ、そ
のようなコンパクトなボンネット付きキャンピングカーがあって
もいいかもしれないと、書きながら思いました。

ガソリンエンジンで排気量は4,600cc超のため、燃費につ
いてはあまり期待はできませんが、245馬力のパワーはキャン
ピングシェルを背負った状態でも全く問題なくどこに行ってもパ
ワフルに走行できることでしょう。

初年度登録は平成18年(2006年製)と、2014年時点で
8年落ち。走行距離は5万キロちょい。「え、もっと前にあった
ような気がしたのですが、8年位前なの」と思ってしまいました。

価格は398万円(税込)というところで、ベース車両は4WD
ATということ。非常に微妙な価格だとは思いますが、FRPボ
ディーにはない質感と、ボンネット付きの稀少キャブコンという
ことを考えれば、これくらいの価格は仕方のないことなのかも知
れませんね。
(2014.10.09更新)


▲ページトップに戻る