アネックス・リバティーNS-W 2012年式 走行1.8万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

アネックスが作成した200系ハイエースベースの大型キャブコ
ンの中古キャンピングカーが入庫しています。

バンクベッド部分持たないスタイルはいかにも走りが良さそうで、
上部に重量物がないため、走行時のバランスも良いと思われ、高
速道路などの走行も楽だと思います。

居住空間をゆったりと取る設計のため、全長が5.87mあるの
が多少気にはなりますが、大型のキャブコンの中では平均的なサ
イズで、これ以上無理に短くしてしまえば、せっかくのキャブコ
ンの室内が手狭になってしまいます。

ハイドロバックパネルを使ったボディー外装は強度と美しさに優
れ、他のキャブコンとは一味違った雰囲気を醸しだしており、一
言でいえば「豪華な感じのするキャンピングカー」といったとこ
ろでしょうか。

堂々とした車格は、所有する満足感を満たしてくれることは間違
いありません。

アネックス・リバティーNS-W 2012年式 走行1.8万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

装備品についても、エアバッグ(ダブル)・ABS・ETCTVアンテナ
(地デジ)・カーナビ(HDD/地デジ)・バックアイカメラ・ベンチ
レーター(MAXXFAN)・アクリル2重窓・リアクーラー・リアヒー
ター・FFヒーター・走行充電システム・サブバッテリー
(105Ah×2)・外部AC入力・インバーター(1,500W)・冷蔵庫(90L)
コンロ(カセットコンロ)・電子レンジ・給水タンク(19L×2)
排水タンク(50L)・ソーラーシステム80W・リヤスピーカー
スカイライトルーフ2箇所・レンジフードなど、キャンピング
カーに最低限必要と思われるものは一通り装備されている様子。

最近のキャンピングカーは、大型キャブコンといえどもいわゆる
「フル装備」状態ではなく、カセットトイレやシャワー設備など
はついていません。

カセットトイレやシャワー設備もあれば確かに便利ですが、今の
日本国内を走行旅するのであれば、コンビニや日帰り温泉が至る
ところにあるため、無理して装備する必要はないのかもしれませ
んね。

カセットトイレとシャワー設備を装備するだけで50万円以上の
コストアップになる上、キャンピングカー全体の重量も増すこと
から、装備しないキャンピングカーも今後は増えてくる傾向にあ
ると思われます。

アネックス・リバティーNS-W 2012年式 走行1.8万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

内装はアネックスのキャブコンらしく清潔な印象で、洗練された
雰囲気を持っています。

2012年式と2013年時点で1年落ち、走行距離は1.8万
kmと、新車とほぼ変わらないような中古キャンピングカー。

この、アネックス・リバティーNS-Wの価格は750万円。

中古キャンピングカーといえども、新車同様の年式とやはり20
0系ハイエースがベース車両になっているだけあり、それなりの
価格となっています。

新車価格が800万円超の車両に、オプション品が50万円分程
装備されている上に、年式が新しいため、この価格設定は妥当な
ところではないでしょうか。

200系ハイエースベースのボディーカット大型キャブコンは、
中古キャンピングカー市場でも極端にタマ数が少ないため、販売
する側も多少強気な価格を打ち出しているにも事実かもしれませ
んが、コレは仕方のないところかもしれません。
(2013.06.07更新)


▲ページトップに戻る