グローバル チャンプ 1999年式 2WD/AT 走行6.6万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

あの一時代を築いたと言われる、グローバル社の「チャンプ」が
中古キャンピングカー市場に出ているではありませんか。

一時代というのも、2000年前後のキャンピングカー市場には、
このグローバル社のチャンプやキングシリーズと、バンテック社
のジルやベガといったラインナップが真っ向勝負という時代で、
その中でも一際スタイリッシュなキャブコンである、このチャン
プは、ちょっと異質な存在として私の目には映っていました。

他社のキャブコンより微妙に全幅が狭く(1950mm)は当時
のジルの全幅(2110)よりもいわゆる「細身」のため、ベー
ス車両であるカムロードとのバランスも良く、よりスタイリッシ
ュに見えたものです。

その後、ナッツRV社からも、クレソンシリーズとして同じよう
なシェルサイズのキャブコンが発売されましたが、それもかなり
スタイリッシュなキャブコンでした。

グローバル チャンプ 1999年式 2WD/AT 走行6.6万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

ただ、全幅がライバル車より狭いため、ロングタイプのサイドソ
ファーを設定することができず、対面対座シートの隣に単座のイ
スを設置するに留まっています。

エントランスも、ジルとは違い、センターエントランスとなって
いるのは、車内の装備品の配置状況からして仕方のないところ。

しかし、コンパクトなボディーの割には、カセットトイレ、温水
ボイラーにシャワー設備、FFヒーターに冷蔵庫・シンクと、フ
ル装備のキャブコン同様の装備内容。

給水タンクも85Lと実用上十分な容量を持ち、シャワー設備を
装備しているにも関わらず、給水タンクが50L以下という使え
ないキャブコンとは一線を画すものです。

グローバル チャンプ 1999年式 2WD/AT 走行6.6万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

さらにこのチャンプ、前オーナーが取り付けたのでしょうか?ウ
インドクーラーや、窓専用のオーニング(ウインドウオーニング)
まで装備されている上に、サンルーフまで取り付けられていると
いう、かなり「お金」のかかった一台。

1999年式と、2013年時点で14年落ちとそれなりに古い
キャンピングカーではありますが、内装の清潔さと、スタンダー
ドな装備品の組み合わせにより、あまり古さを感じさせません。

このフル装備プラス快適装備満載のキャブコン、「チャンプ」の
お値段は177万円と、14年落ちのキャブコンとは言え、それ
なりの価格です。

しかし、後付けの装備品関係を加味すると同時に、グローバル社
は倒産してしまったキャンピングカービルダーだけに、絶版車と
いう意味合いも考えれば、こんなものかと。

しかし、古いディーゼル車がベース車両のため、Nox・PM対策地域
内に使用の本拠を置く事ができません。

九都県市条例ディーゼル規制対策マフラーの装着により適合

というような注釈は付きますが・・・、伝説のキャブコン、いか
がでしょうか?
(2013.05.01更新)


▲ページトップに戻る