バンテック JB-490S 2005年式 2WD/AT 走行6.2万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

バンテック社製のちょっと珍しい中古キャンピングカーが入庫し
ています。

その名もJBー490Sで、一目見ただけで分かるのは、ベース
車両の外観が国産トラックにはないものだということ。

ベースとなっている車両は、韓国ヒュンダイ社製のSRXトラッ
クという車両で、ボンネット部分を持つスタイルは国産トラック
にはない姿で、バンクベッドのあるシェルとのバランスもよく、
スタイリッシュに見える一台。

韓国より輸入されたベース車両を使って製作されたバンテック製
のキャブコンで、生産台数が少ないため、希少価値のあるキャン
ピングカーとなっています。

バンテック JB-490S 2005年式 2WD/AT 走行6.2万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

内装はセンターエントランスを入ったところにダイネットがあり、
最後尾に引き戸で仕切られたトイレ・シャワールームがある造り
で、車内の雰囲気はバンテック車そのもの。

バンテックのキャンピングカーらしく、サイドオーニングをはじ
め、カセットトイレ、温水シャワー装置、FFヒーター、アクリ
ル二重窓などの装備品も付いていて、いわゆる「フル装備」のキ
ャンピングカーとなっています。

これに加えて、電子レンジやインバーター(1500W)、サイ
クルキャリアなど、充実の装備内容。

乗車定員8名、就寝定員5名となっていて、4人家族であればゆ
ったりと室内を使えるようになっています。

室内の収納家具の容量が大きいため、余程無駄なものを持ち込む
ようなことをしない限り、旅行中に車内に荷物が溢れて困るとい
ったことはなさそうです。

バンテック JB-490S 2005年式 2WD/AT 走行6.2万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

韓国からの輸入車ということで、エンジンをはじめとした部分の
耐久性やメンテナンスの心配がありそうですが、搭載されている
ディーゼルエンジンは、三菱のパジェロにも積まれていたエンジ
ンで、型式も同じ4D56となっている上に、ミッションも日本
のメーカーであるアイシン製。

足回りはフロントダブルウイッシュボーンでリヤリーフスプリン
グ、これは日本のライトトラックと同じ作りで、リヤは小径ダブ
ルタイヤとなっていて、セッティングが絶妙なため、足回りの許
容荷重が高さも相まってとにかく乗り心地がよく、安定感が高い
というのが市場での評価。

2005年式と、2013年時点で8年落ち、左ハンドルという
ところが少し気になる点ですが、輸入車の多くが左ハンドルだと
いうことを考えれば、その点は仕方のないところか。

走行距離は6.2万kmと、ディーゼルターボエンジンにとって
は気にするような距離ではなく、国産エンジンということもあっ
て耐久性を気にするようなレベルでもありません。

このフル装備の快速キャブコンのお値段は、258万円と、装備
内容と程度を考えると驚く程安価で、国産のベース車両であるカ
ムロードを使ったキャンピングカーに比べて、50〜80万円程
安い価格設定となっている。

やはりベース車両に不安を抱く人が多いためか、価格を下げてで
も販売しようとしているのかも知れませんが、前述の通りエンジ
ンやミッションは日本メーカーのもののため、整備などの心配は
あまりないと思われます。

他の国産キャブコンでは実現不可能なこのフォルムと動力性能は
魅力のひとつだと思われ、希少価値もある中古キャンピングカー
だと思います。(2013.03.07更新)


▲ページトップに戻る