バンテック ジル 2002年式 4WD/AT 走行4.1万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

キャンピングカーの中古市場では比較的よく見かける、バンテッ
ク社のジルというキャブコン。

高速道路のパーキングエリアや道の駅の駐車場などでも車中泊を
している姿をよく見掛けるということは、それだけ多くの車両が
販売されているということ。

このジル、カムロードがモデルチェンジした直後のタイプとなり、
現行(2012年現在)モデルのスリムなバンクベッド形状とは
異なるタイプ。

バンクベッドがある程度大きいことから、シェル部分とのバラン
スがよく、斜め前方から見た姿もこちらの方がカッコいいと私は
個人的に思っています。

このモデルからベース車両の4WDがフルタイム化され、カムロ
ードのパートタイム4WDは無くなってしまいました。

バンテック ジル 2002年式 4WD/AT 走行4.1万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

内装は直近の旧型カムロードのものと同様で、ファブリックの色
やレイアウトなども同様。

リアエントランス車特有の広々とした室内空間は、やはりこのジ
ルならではのもので、他のキャンピングカービルダーの多くが取
り入れているスタイル。

カセットトイレや温水装置、シャワーも装備され、いわゆるフル
装備の部分も同様に受け継がれています。

大きな変更点としては、FFヒーターがトルマのLPガス式から
べバストの軽油式に変更になり、トルマのFFヒーターは設置に
場所を取ったことから、そのスペースが空き、確か収納が増えた
と記憶しています。

サイドオーニングやリアラダーも装備されており、外部収納庫の
大きさと容量が現行モデルに比べて不足気味ですが、全体的には
とてもよくできたキャンピングカー。

バンテック ジル 2002年式 4WD/AT 走行4.1万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

5Lのディーゼルエンジンは非力そのもので、高速道路では登坂
車線の走行が必須となりそうですが、キャンピングカーはそれ程
飛ばす車ではないので、ここは慣れるしかありません。

2002年式と、2012年時点でちょうど10年落ち、走行距
離は4.1万kmとディーゼルエンジンの車両としては、まだま
だ十二分に走れます。

気になる価格ですが、318万円と意外と格安で、やはり5Lの
非力なディーゼルエンジンがキャンピングカーの中古市場では敬
遠されるのか、程度と年式から言っても、かなり安い感じがする
ところです。

この走行距離と4WDということを考えれば、あと50万円は高
く販売されていても不思議ではない車両なのですが・・・。

屋根部分のFRPの劣化具合の確認は必要ですが、内装家具など
の造りはしっかりしているキャンピングカーですから、大きな破
損がなければ、とてもお買い得感のある中古キャンピングカーと
言えるでしょう。

何と言ってもフルタイム4WDの安心感は何物にも代え難く、本
格的な4WDではないにせよ、中古キャンピングカーの4WDと
いうのは、多くの人が探しているようで、人気が高い車種のひと
つでもあります。(2012.12.14更新)


▲ページトップに戻る