OMC ツインズC-1 2001年式 2WD/AT 走行8.5万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

OMCという東京にあるキャンピングカービルダーが、メルセデ
スベンツをベース車両にして造ったバンコンで、ツインズC−1
というモデル名。

国産バンコンでは叶えることができない外観を求めるのでれば、
しっかりとしたノーズを持つ外国製のベース車両を選択するしか
ないのが現状。

200系ハイエースでも、NV350キャラバンでもこのデザイ
ンは手に入らないため、少し人とは違ったバンコンを求めるので
あれば、メルセデスベンツというステータスも相まって、価値あ
る一台だと言えます。

OMC ツインズC-1 2001年式 2WD/AT 走行8.5万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

全長も5m未満で、ディーゼルターボエンジン(129馬力)と
いうスペックは、街中でも取り回しがよく、高速道路の登坂車線
とも無縁だと思われます。

やはりキャブコンと違い、バンコンは走りを重視する人も多いと
思われることから、その点では合格点。

内装はダイネット部分の後部にギャレーと収納庫というシンプル
な造りで、リアの観音ドアの使い勝手が良さそうな、コンパクト
バンコンとなっています。

全長の短さとバンクベッドがないことから、乗車定員6名に対し
て、就寝定員は2名と少なく、二人旅仕様と割り切るしかありま
せん。

ベンツベースということなのでしょうか、外装も内装も見た目が
「カッチリ」とした造りになっているのが特徴。

OMC ツインズC-1 2001年式 2WD/AT 走行8.5万km

キャンピングカー 中古 キャンピングカー 中古

2001年式と、2013年時点で12年落ち、内装などはさす
がに古さを感じさせますが、ベース車両自体はモデルチェンジが
日本の車ほど頻繁ではないため、あまり古さを感じさせません。

走行距離は8.5万kmと、さすがに12年落ちということでそ
れなりの距離を走っていますが、ディーゼルエンジンのため、耐
久性に問題が出る程の距離ではないことは確か。

2WD/AT仕様で、後から取り付けるとそこそこ高額なサイド
オーニングも装備されているこのバンコンの価格は210万円。

さすがに簡易装備とは言え、元々のベース車両価格が高額なため、
同程度の国産バンコンに比べると50万円以上高額な車両ですが、
逆に考えれば、メルセデスベンツのキャンピングカーが200万
円代で手に入ると考えれば、とってもリーズナブルだと私は思う
のですが、いかがでしょうか・・・。

スリースターの付いたキャンピングカーに乗りたいと思っている
方にとっては、かなり魅力的なバンコンキャンピングカーだと言
えるでしょう。(2013.03.05更新)


▲ページトップに戻る