HOME > 2013東京ショーTOP > セレンゲティーエボリー 8周年記念モデル

東京キャンピングカーショー in 東京ビッグサイト 2013 詳報

東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真 東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真

ファンルーチェの「セレンゲティー」のカラーリングの違うバ
ージョンが展示されていました。

白と黒を基調としたカラーリングで、キャンピングカーショー
会場の中でもかなり異質な感じで、「な、何だ」と思って近付
いて見てしまいます。

東京キャンピングカーショー in 東京ビッグサイト 2013 詳報

東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真 東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真

セレンゲティーエボリーという名称で、発売から8年が経過し
た「アニバーサリーモデル」ということらしいです。

これもキャンピングカーらしいと思うところで、普通乗用車で
あれば8年間もモデルチェンジしない車両などほとんどないた
め、そういう意味ではベース車両さえモデルチェンジしなけれ
ば、かなりの年月に渡って型落ちになる心配がありません。

オリジナル塗装や16インチのタイヤとアルミホイールなどが
アニバーサリーモデル仕様となっているようで、内装などに特
別なところは無いようですが、それだけ熟成されたデザインと
いうことでしょうか。

夫婦で熱心に見られている方がいて、奥様が旦那さんといろい
ろと話をしているようで、いくつになっても仲良く夫婦で出掛
けられるっていいなと思ってしまいますね。

東京キャンピングカーショー in 東京ビッグサイト 2013 詳報

東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真 東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真

この東京キャンピングカーショー会場の中でも、熟年夫婦の姿
は多く、特に奥様が熱心にキャンピングカーの品定めをしてい
る様子が伺え、キャンピングカービルダーも女性を強く意識し
た車両造りをしているところも多くあります、

やはり最終的には財務大臣である奥様の許可がなければ、これ
だけの高額商品(500万円前後)であるキャンピングカーな
ど、世のオトーサンは買うことができないのではないかと思わ
れ、各社奥様の接待に余念がありません。

奥様のキャンピングカーを見る目は厳しく、使い勝手もさるこ
とながら、車両のデザイン、価格、運転のしやすさなど、かな
り多岐に渡る項目を真剣にチェックしているようです。

我々オヤジのように、「装備品はコレね、あ、カッコいいから
このキャンピングカーがいいね、運転も何とかなるでしょう」
などといった、「何となくイイね」というあいまいな基準では
選んでくれそうにないのが厳しいところ。

それでも、このセレンゲティーは造りもよく、後部にある大型
トランクの使い勝手も良さそうで、なかなか評価の高いキャン
ピングカーだと思うのですが・・・。


▲ページトップに戻る