HOME > 2013東京ショーTOP > オートショップアズマ 新型フィール

東京キャンピングカーショー in 東京ビッグサイト 2013 詳報

東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真 東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真

こちらは、オートショップアズマのコーナーで、このキャンピ
ングカービルダーは、軽キャブコンで有名な「ラ・クーン」を
製造・販売している会社。

軽キャブコンも今では各社からさまざまなタイプが投入されて
おり、競争が激化している分野で、その中でもラ・クーンのボ
ディーデザインは秀逸と感じるものがあります。

ベース車両は「軽トラック」なのですが、これにキャンピング
シェルを架装すれば、こんなにも印象が変わるのかと、当初は
かなり驚いたことを思い出します。

東京キャンピングカーショー in 東京ビッグサイト 2013 詳報

東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真 東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真

そんな軽キャブコンの老舗であるオートショップアズマが最近
発売した新型車「フィール」を今回はじっくりと見ていくこと
にします。

この新型「フィール」のベース車両は、トヨタのライトエース
Xエディションで、排気量1,500cc、車両の全体サイズ
は、全長4,680X全幅1,970X全高2,650mmの
いわゆる「ライトキャブコン」の部類。

軽キャブコンでは少し手狭で、かといってカムロードベースの
キャブコンでは大きすぎると感じている方には、ちょうど良い
サイズで、乗用車やミニバンからの乗り換え組であれば、違和
感はほとんどないと思われます。

乗車定員5名に対して就寝定員は2名のため、二人旅仕様とし
て開発されているようですが、車内を見る限り、夫婦と小さい
子供二人位であれば、十分に対応できそうです。

東京キャンピングカーショー in 東京ビッグサイト 2013 詳報

東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真 東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真

バンクベッドの張り出しも最小限に抑えられているため、空気
抵抗も少なく、何より頭が重くならないため、コーナーなどで
の車の挙動が安定しそうです。

テールランプの造型も凝った造りになっており、ポータブルト
イレが置けるマルチルームも備えているライトキャブコンで、
価格も400万円少々と、それ程高くない点も評価大。

この、ポータブルトイレが置けるマルチルームがあると無いの
とでは、旅の自由度に大きな差が出るため、軽キャブコンでは
望めない装備品のため、コレは是非あった方がいいと私は個人
的に思っています。

コンビニや道の駅などにトイレはあるのですが、トイレのない
場所などで車中泊などをする場合に、やはりマルチルームとポ
ータブルトイレは必須の装備品といえます。

ライトキャブコンで走りもよく、室内の使い勝手もよいとなれ
ば、注目の車種になるのは当たり前で、すでに「売約済」の札
が貼られているのも納得。

軽キャブコンだけではない、面白いキャンピングカーを開発し
てきたと思います。


▲ページトップに戻る