HOME > 2013東京ショーTOP > バンコンの老舗 ビークルのコーナー

東京キャンピングカーショー in 東京ビッグサイト 2013 詳報

東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真 東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真

バンコンキャンピングカービルダーの老舗として、もうすっか
りキャンピングカーショーの常連となっている「ビークル」の
コーナー。

いつも思うのですが、バンコンコーナーの盛況ぶりはどのキャ
ンピングカーショーに行っても同様で、やはり運転しやすいサ
イズと手頃な価格が多くの人を魅了するのでしょう。

特に普通乗用車に乗っている方には、ハイエースやキャラバン
の室内空間が広く見えるのは当たりまえで、昔の私も最初に見
たバンコン(100系ハイエース)の室内空間には驚きました。

ですから、キャブコンなどは展示車両の外観だけで「運転する
のはムリ」と思うくらいに大きく見えました。

東京キャンピングカーショー in 東京ビッグサイト 2013 詳報

東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真 東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真

まぁ、そんなキャブコン(5X2)サイズのものも、慣れてし
まえば何ともないのですが、やはり皆さん最初はバンコンに目
がいってしまうようで・・・。

ご夫婦で熱心に車内を眺めている姿も多く見受けられ、みなさ
ん真剣そのもので。奥様が旦那さんに「コッチの方がさっき見
た車よりいいわね」などと話していたり、ベッドの展開方法を
二人して熱心に聞いていたりと、中高年の方は買う気満々の人
が多いように感じました。

ビークルのバンコンは、何といっても自社工場で造る家具の出
来栄えの良さが特徴で、ハイエースの室内にホームセンターで
売っている「カラーボックス」のような家具を取り付けている
他のビルダーとは一線を画すもの。

それゆえビークルのバンコンに長く乗る人も多く、中古キャン
ピングカー市場でもあまり姿を見ることはありません。

東京キャンピングカーショー in 東京ビッグサイト 2013 詳報

東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真 東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真

NV350新型キャラバンをベースとしたバンコンも当然作成
しており、「今なら夏休みに間に合います」みたいな表記がさ
れ、展示品が即納車として販売されているようです。

あ、このキャンピングカーショーに展示してある車両はサンプ
ル品などではなく、全て立派な「商品」のため、内部を見学さ
せてもらうときは、「土足厳禁」です。

もっと言えば、私は車内を見学させていただく際はバッグなど
は車外に置いて中を見学するようにしています。

これは、肩に掛けたバッグの金具などが内装家具に当たって傷
を付けたりしないような配慮で、出品している方々の気持にな
れば、これくらいの気遣いは当たり前。

さらに、爪も短く切って、レザー調シートの表皮を傷つけない
ように細心の注意も払っています。

新築住宅の内覧会を見にいったことがある人なら分かると思い
ますが、内覧会では玄関先で新しいスリッパと白い手袋を渡さ
れ、それを身に付けて室内を見学することになっており、キャ
ンピングカーショーでもそれに準じた気遣いをおのおのがする
べきなのではないかと思います。

どれもこれもみんな「誰かに販売される『商品』なのですから」


▲ページトップに戻る