HOME > 2013東京ショーTOP > MOC『ミニオリジナルキャンパー』のコーナー

東京キャンピングカーショー in 東京ビッグサイト 2013 詳報

東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真 東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真

こちらは、car shop 3seven77という軽キャンピングカーの
コーナーで、MOC(MINI ORIGINAL CAMPER)というシリー
ズの軽キャンピングカーを展示中。

近年急速に市場を拡大している感のある「軽自動車ベースのキ
ャンピングカー」ですが、かなりのビルダーがさまざまなタイ
プの車両を投入してきており、ハイエースのバンコンに次いで
競争が激化しているジャンルでもあります。

特にボディーを加工してルーフなどを架装しないタイプは各社
こぞって開発をしているため、他社との差別化が難しいのが現
状。

東京キャンピングカーショー in 東京ビッグサイト 2013 詳報

東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真 東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真

このビルダーの特徴は、内装の素材に無垢材(タモ)を使用し
ており、確かに触ると手触りがよく、合板にツキ板張りの角が
立っている家具とは全然質感が違い、やはり天然素材はいいも
のだと感じるところ。

天然木のため、重量がどれくらいあるのかは不明ですが、軽キ
ャンピングカーの場合は使われている量が大型キャブコンに比
べて圧倒的に少ないため、あまり心配する必要はないと思われ
ます。

畳仕様の内装もあり、細かい収納もオプションで取り付け可能
で、その価格もPOPで明示されているあたりが、なかなかの
好印象な軽キャンパー。

内装レイアウトは自由自在らしく、既製品ではないオリジナル
の軽キャンピングカーが造れるというのがウリのようです。

東京キャンピングカーショー in 東京ビッグサイト 2013 詳報

東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真 東京キャンピングカーショー ビッグサイト 写真

しかし最近の軽ワゴン車はカッコいいものが多く、昔のあった
「おじさんの仕事車」というイメージは完全に払拭され、今は
街中でもオシャレな軽ワゴン車を女性が運転している姿を見る
ことも多くなりました。

比較的手頃な価格からキャンピングカー気分を味わえるとあっ
て、中高年のおじさんや若い夫婦などの注目を浴びているのが
このジャンルのキャンピングカー。

狭いながらも二人就寝が可能のモデルが大半で、ちょっと遠出
をして温泉などに浸かり、道の駅や高速道路のパーキングで仮
眠をして帰る、というスタイルが手軽にできると思います。

私のオススメは、「内装はシンプルに、就寝スペースを広く」
というコンセプトで内装をオーダーすれば、軽ワゴンベースの
キャンピングカーでも、車内を広く使うことができると思いま
すね。


▲ページトップに戻る