HOME > 2013幕張ショーTOP > キャンピングカーショー2013のテーマ

キャンピングカーショー in 幕張メッセ 2013詳報

キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真 キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真

入場前に配布された会場案内図にあった、今年のキャンピング
カーショーのテーマと趣旨は次の通りです。

日本から世界的なイベントに!!過去最大規模のキャンピング
カーの祭典。

全国からキャンピングカービルダー、ディーラー、関連企業が
集結。

ここ数年、ドライブや自然を上手に楽しむ人たちが増えている。

そういった楽しみ方を演出するための重要なアイテムとして、
キャンピングカーの人気は年々高まりつつある。

キャンピングカー人気が高まる大きな要因は「ゆったり、のん
びり」という休日の過ごし方の変化や環境意識の高まり、家族
や友人との旅行の楽しみ方の変化、リタイア後の生活設計の多
様化などが考えられる。

そこには欧米とは違った日本ならではのキャンピングカー需要
が定着し、さらに拡大を続けているという。

日本ならではといえるのが軽自動車ベースのキャンピングカー
や車中泊といえるだろう。

軽キャンピングカーは「必要最低限なアイテムにしぼったミニ
マムキャンピングカーの極致」として、ユーザーから受け入れ
られた。

車中泊もロングドライブの際の快適な仮眠スペースとして、ク
ルマを活用するということで、認知されている。

帰省や旅行など様々なシーンで活躍するクルマ、そして中でも
キャンピングカーは用途が他と大きく違っている。

もちろんドライビンクの楽しみなどはスポーツカーにかなうは
ずも無いが、出発してからドライブの途中や目的地に到着した
あとも楽しめるのはキャンピングカー以外に無いはずである。

移動空間として、さらに滞在空間としての楽しみ方が人それぞ
れ、様々に活用できるのがキャンピングカーの良さである。

今回のイベントでは「ジャパン・キャンピングカーショー」と
二年前に変更したとおり、アジアなど海外にも情報発信する機
能を取り込んだイベントへと方向性を多様化。

主催団体であるキャンピングカーの業界団体「日本RV協会」
では、内容の充実を果たすための名称変更と考えている。

また、キャンピングカーを活用した地域観光の拡大、活性化も
狙いとしている側面もある。

いずれにしてもキャンピングカーが主役のイベントであるが、
業界全体をまとめた「日本最大」のイベント、展示会としてさ
らにレベルを引き上げることと、海外も含めたビジネスの場面
としてトレードショーの性格も併せ持ち、業界全体をより積極
的に拡大を図っていく意向だ。

また、来場者への配慮、楽しさの追及、ホスピタリティーの充
実も強化して、一人でも多くの方に足を運んでもらえるショー
を目指している。

またイベントも今はやりのグルメの出展やタレントのトークシ
ョーなど盛りだくさん。

これまでも好評だったキャンピングカー関連のセミナーも含め、
4日間にわたりバラエティーあふれるイベントが行われ、家族
揃って楽しめる雰囲気を演出している。

そして今回「キャンピングアワード」を設定し、RV・キャン
ピングカーおよびキャンピングカーで楽しむクルマ旅の啓蒙・
普及を目的とし、キャンピングカー好きの著名人等を1名、認
定・表彰する。

さらにペットと共に気軽に旅行ができるというキャンピングカ
ーのメリットはペット用品マーケットも確実に取り込んでいる。

ジャパン・キャンピングカーショーもペット同伴OKというこ
ともあり、来場者の多さに負けず劣らずワンちゃんたちの来場
数にもビックリするだろう。


▲ページトップに戻る