HOME > 2013幕張ショーTOP > ナッツの新型バスコン オークランド

キャンピングカーショー in 幕張メッセ 2013詳報

キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真 キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真

さて、今年のキャンピングカーショーも最大面積の展示スペー
スを確保している、ナッツRVのブースへ。

展示内容は、バンコン8台、キャブコン11台、フルコン2台、
バスコン1台の合計22台というとんでもない数のキャンピン
グカーをブース一杯に展示中。

今回はスケルトン仕様のキャブコンも新たに登場し、キャンピ
ングカーの構造や内装のレイアウトなどが車外からも確できる
という斬新な車両も持ち込んでいました。

ヨーロッパのキャンピングカーショーなどではお馴染みの展示
のようですが、国産キャンピングカーでは私が見たのはこれが
初めてで、なかなかインパクトがあり、多くの人が足を止めて
見入っていました。

ベッドのサイズや装備品の概要が英語で書かれていて、なかな
かおしゃれな演出で、よく考えられています。

こうして外から見ることができると、車内に入ってみる時と違
い、中の様子が本当によく分かるため、アピール度はかなり高
いと感じました。

他のキャンピングカービルダーも、マネをしてきそうな感じの
インパクトある展示内容です。

キャンピングカーショー in 幕張メッセ 2013詳報

キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真 キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真

今回のナッツブースで気になったのが、新たに発売されたトヨ
タのコースターベースのバスコンで、その名も「オークランド」
という車両。

RVランドのフラッグシップである、「ランドホーム」をじっ
くり見た後だけに、このナッツの新しいバスコンはどのように
感じるのか、興味深いところです。

キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真 キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真

まず、車内に入って感じるのが、全体的にダークな色の家具と
ファブリックで、落ち着いた雰囲気のあるバスコンキャンピン
グカーだということ。

照明もLEDを使った、直接・間接照明が美しく、高級感を感
じさせます。

フリールームもキチンと準備され、このフリールームの中を覗
いているときに、ナッツの社員の方が電気をさりげなく点灯し
てくれたりして、そのお客さんに対する心遣いがとても温かく
感じました。

対応してくれた社員の方の印象も良く、全体的に社員教育が行
き届いていると感じました。

キャンピングカーショー in 幕張メッセ 2013詳報

キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真 キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真

新型のバスコンということで、細かくアチコチを見て回り、少
しばかりの問題点や疑問点も見つかりました。

まず、左側写真のシンク下にある引き出しですが、開くのは上
から2段目からで、一番上の引き出しはフェイク(飾り)のよ
うで、デザインを優先するのは良いのですが、ここまでやる必
要があるのかと少し疑問に思うところも・・・。

あと、その引き出しを手前に開けてみると、レールのエッジが
引き出しの側面部分にこすれた跡があり、その部分の木の板に
キズが付いているのが分かります。

気にしなければよいのですが、やはり750万円もするキャン
ピングカーだけに、細部をもう少し煮詰めて欲しいものです。

車内の雰囲気や全体的な家具のクオリティーは高いだけに、つ
まらないことで評価を落とすようなことがあっては残念だと思
うところです。

キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真 キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真

キャンピングカーを購入する人は、私を含めちょっと変わった
人も多いため、もしかしたら私より細かくチェックをしてダメ
出しをしてくる人もいるかもしれません。

今一番頑張っているキャンピングカービルダーだけに、苦言を
呈しましたが、良い車両を造ってもらいたく、あえて指摘をさ
せて頂ました。


▲ページトップに戻る