HOME > 2013幕張ショーTOP > AtoZの見学し放題の展示ブース

キャンピングカーショー in 幕張メッセ 2013詳報

キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真 キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真

今ではすっかりキャンピングカーショーの常連展示ビルダーと
なったAtoZのブース。

今年も多数のキャンピングカーを持ち込んできていて、ブース
の面積で言えば、このショー会場の中でも5本の指に入る程。

しかも9台もあるキャブコンはどれも自由に見学し放題で、他
のブースにあるような、「中をご覧になりたい方はアンケート
にご記入下さい」などと言って、大切な個人情報と引き換えの
見学ではないところも気に入りました。

なぜアンケートに住所や名前を書かなければ中を見せてもらえ
ないのでしょうか?入場料を払ってまでキャンピングカーを見
に来ている来場者をバカにしているとしか思えません。

キャンピングカーショー in 幕張メッセ 2013詳報

キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真 キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真

そんなことを考えつつ、AtoZの数あるキャンピングカーの中
でも、今回特に気になったいすゞのびぃーかむをベース車両と
した、「アラモ」をじっくり見ることに。

「え、アラモって大昔からあるモデルじゃん」と言われそうで
すが、実はオーソドックス過ぎて今までのショーではじっくり
中を見たことがなかったのです。

今回のキャンピングカーショーでは、中を見学できる車両は出
来るだけ待ってでも見学しようと決めていたので、順番を待っ
ての見学となりました。

キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真 キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真

アラモは、10年程前にキャブコンを購入しようと思っていた
時に、真剣に検討をしたのですが、その時は内装のクオリティ
ーがイマイチで、購入しなかった経緯もあり、どのような進化
を遂げたのか、興味もありました。

エントランスを入ってすぐに感じたのが、家具の造りや質感が
格段に向上していることと、LEDライトをうまく使った室内
照明も美しく、「全く別のキャンピングカーになったな」とい
うのが素直な印象。

キャンピングカーショー in 幕張メッセ 2013詳報

キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真 キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真

さらに車両後部には二段ベッドと大き目のフリールームも装備
されていて、キャンピングカーとしての機能も十分。

窓はガラス二重窓を採用し、アクリル二重窓より重量はかさむ
ものの、経年劣化による曇りなどが発生しないところが評価で
きるポイント。

キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真 キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真

さらにバンクベッドも大きく、実際に上ってみましたが、入り
口付近では大人の私があぐらをかいても頭が天井につきません
でした。

これぐらいの天井高があれば、就寝時に圧迫感を感じないで済
みそうです。

標準装備品にFFヒーターがなく、価格が650万円というの
は少し高い気がしますが、いすゞのびぃーかむのベース車両価
格が高額なため、仕方ないところだと説明を受けました。

この辺りは、ベース車両メーカーであるいすゞに頑張ってもら
うしかありませんが、キャンピングカーとしてのクオリティー
は、かなり高いレベルにあると感じる車両です。


▲ページトップに戻る