HOME > 2013幕張ショーTOP > アネックスのボディーカットキャブコン

キャンピングカーショー in 幕張メッセ 2013詳報

キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真 キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真

こちらは、キャンピングカーの老舗でもあるアネックスのブー
スで、そこそこの展示スペースを確保していました。

やはりアネックスと言えば、現在は200系ハイエースのボデ
ィーカットキャブコンが主力商品となっていて、かなり高額な
キャンピングカーですが、ハイドロバックパネルと、内装の造
り込みからいってこれくらいの価格は仕方のないところか。

ただ、この辺りの価格帯になってくると、マイクロバスをベー
ス車両としたバスコンも視野に入ってくるため、キャンピング
カーに何を求めるかによっても、選択する車両も違ってくると
思います。

キャンピングカーショー in 幕張メッセ 2013詳報

キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真 キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真

今日は、このNEWモデルと書かれた、リバティーNS−Fの
車内をじっくり見てみようと思います。

が、この日は2月11日のキャンピングカーショー最終日の祝
日ということもあってか、かなりの入場者数で、人気の車には
多くの人が見学に訪れ、なかなか中を見ることができません。

仕方ないので付近を散策し、見学者が少なくなる頃を待ちます。

キャンピングカーショー in 幕張メッセ 2013詳報

キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真 キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真

ようやく見学者が途絶えたところで、アネックスのスタッフに
一声掛け、車内を見学することができました。

キャンピングカーショーでは、勝手に乗り込んでいい車両もあ
るようですが、乗り込む時には必ず近くのスタッフに声を掛け
て乗り込むようにしましょう。

展示車も立派な商品で、展示後に販売されることも多くあり、
傷などをつけないよう細心の注意を払って車内を見学しなけれ
ばなりません。

キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真 キャンピングカーショー 幕張メッセ 写真

ファミリー仕様ということで、内装はダイネットの後部にトイ
レルームにもなるフリールームがあり、その後ろに二段ベッド
という、標準的な内装。

新鮮味はありませんが、やはりこのレイアウトが一番車内を効
率よく使えるようで、各社同じような間取のキャンピングカー
が多いことがそれを証明しているよう。

家具の造りは丁寧で、アネックスのキャブコンらしく、どこと
なく「カッチリとした造り」は健在で、やはり価格が高いなり
のクオリティーがあると感じさせるところ。

いま流行の家庭用ルームエアコンもしっかり装備されていて、
トレンドもきちんと取り入れているようです。


▲ページトップに戻る