お台場キャンピングカーフェア2012詳報

お台場キャンピングカーフェア 写真 お台場キャンピングカーフェア 写真

今回のお台場キャンピングカーフェアでじっくり見たかったキャ
ンピングカーの一台に、バンテック社のジル520クルーズがあ
ります。

いすゞエルフの2トントラックをベースとしたキャブコンで、既
存のジル520より架装重量に余裕があると同時に、エンジンパ
ワーもある上位車種となります。

外観はエルフのフロントマスクが精悍で、カムロードベースより
引き締まって見えます。

お台場キャンピングカーフェア2012詳報

お台場キャンピングカーフェア 写真 お台場キャンピングカーフェア 写真

内装はジル520と同じで、エアコンを内蔵のバッテリーで駆動

させるという装備で、上部にスッキリと取り付けられている様は
やはりメーカーの標準装備品ならではの収まり具合。

後部二段ベッドや、広々としたトイレ・シャワールームも健在で
とりあえずキャンピングカーに必要なものは全部詰め込んだ感じ。

お台場キャンピングカーフェア 写真 お台場キャンピングカーフェア 写真

開放感のあるダイネットスペースや、ダンパーの付いた小物入れ
なども装備され、発売されてから熟成を重ねてきただけのことは
ある内容となっています。

お台場キャンピングカーフェア2012詳報

お台場キャンピングカーフェア 写真 お台場キャンピングカーフェア 写真

ただ、これだけの装備品を配している上に、エルフベースという
少し高額なベース車両を使用しているため、4WDの価格は何と
900万円に迫る価格。

これだけの価格になれば、4WDではないものの、コースター
やシビリアンベースのバスコンも視野に入る価格だけに、どち
らか迷うところです。

バスコンよりリセールバリューは高そうですから、購入して中
古キャンピングカーとして売るときもかなり高値で売れること
間違いありませんが、新車ではおいそれと手が出せる金額では
ありません。

ただ、順調に販売台数を伸ばしていると聞き、やはり違いが分
かるキャンピングカー乗りの方が選んでいるのではないかと思
ところです。

私個人の意見としては、シャワーレスで、エアコンは発電機で
駆動させ、大容量インバーターと冷蔵庫はオプションにして、
カムロードベースのジル520と同価格になれば、本当に魅力
的なキャンピングカーになると思うのですが・・・。


▲ページトップに戻る